前川国男設計の埼玉県博物館を見学して来ました。緑の森の中に建物がひっそり特に佇んでいる光景にしたりながら満足して帰宅しました。

0
    IMG_20170730_134513.jpg

    山百合がアトリエの周りからあちこちから顔を出して年々増えてきていて、毎日の成長を見守っているところ。次々と幼い葉が延びて、その度に背丈が伸びて行く。いつになったら蕾が現れて花開くのか楽しみで仕方ない。

    0
      F1000696.jpg

      梅雨時、しっとりと雨に濡れた花菖蒲の花。アトリエのビオトープでふわっと広がった、白くて薄い花びらが突然開いた様子です。今日もシトシト雨が降っています。充実した静かな1日になります。

      0
        F1000672.jpg

        今年もアトリエのビオトープにアヤメが咲き揃い、紫色が目に染み込んできます。アヤメは紫色に限ると、昔から勝手に思い込んでいても、このあと毎年黄色のアヤメが咲くことになっていて、二色揃い咲きもわるくない。

        0
          F1000649.jpg

          初夏の陽気から夏日、そして真夏日へと、早いペースで季節が先取りされて行くこの頃です。そんなに急がなくてもと言いたい気分ですが、、、。

          0
            F1000661.jpg
            日の出の頃は太陽が雲の中だったけど、今はすっかり晴れて、私のいるデッキから周りの緑が朝日に映えている。枝葉が風に騒いでいて、音立てながら、朝からとても心地よい!上空を見ていると、西風か南風か、それともその中間か?遥か上空のトンビも強風に流されていて、ツバメは風を避けながら自前の早業でいつもの急降下を繰り返している。梢に種を付けた綿帽子がそこら中一面に乱舞していて、いずれどこかの地で子孫が育まれ行くのかな。全てがうまく出来ていそうだ。

            暑くなってきました。関東内陸部で30℃を上回る気温、ついこの間まで春の訪れに一喜一憂していた頃が懐かしく思われる。

            0
              F1000657.jpg
              梅雨入りの気配を感じる日も多く、紫陽花のつぼみが徐々に膨らんで、うっすらと色付いて、今年も叉この季節が来たかの思い、時の移ろいを実感します。今年は夏野菜の苗を植える時期が遅れてしまって、ようやく畑の土作りの準備も完了。今日は朝から農作業を楽しみにしてます。今年の豊作を祈るばかり。これも私のこれからの努力次第です。

              アトリエから見える辺りの山々は、新緑の季節から若葉の季節へ向かって少しずつ変化している様子。色の変化が毎日微妙なもの。なかなか気付き難いです。

              0
                F1000625.jpg
                私の若い頃からのライフワークとも言うべき「世界辺境旅行」の道程を描いたスケッチ集が来年初夏の発刊を目指してこの度ようやく資料整理が完了したところ。辺境旅行とはユーラシア大陸東西50000キロ、アメリカ大陸南北3000キロの国々のFRONTIER地域の集落、人々、生活の模様を絵にしたもの。これから編集者、印刷者と前へ進めて行く予定です。乞うご期待です。

                毎年レタスの花から種を採取して窓辺の鉢に蒔いてます。大きく成長して葉を食用したあと、そのまま茎を伸ばして花を咲かせてます。同じくガーベラの花から種を採取して鉢に蒔いて、芽が出始めてきて、楽しみです。

                0
                  F1000614.jpg

                  おはようございます!今日はゴールデンウィーク前の4月26日です。とても気持ちの良いジーンズですね。この時期になると朝起きて、まず暖かいお茶入れて外のデッキでゆっくり飲むことにしています。今もそうです。

                  0
                    F1000637.jpg
                    朝一番の新鮮な空気と入れ立てのお茶はベストミックスですよね!さっきからウグイスが美声を発しています。先日妻が近所の奥さんに誘われ、近くの竹藪に長靴履いて、竹ノ子狩に行って来て来ました。収穫して家で皮を剥いでいたところを撮った一枚です。臭いがプンプン。夕食は竹ノ子ご飯だそうです。今から楽しみ!夕食だけでなくしばらく竹ノ子料理が続きそうです。この季節ならではのことです。

                    春爛漫の頃がもう目の前まで。年のせいか、毎年毎年春の到来が待ち遠しく思うようになって、それだけ大きな楽しみが一つ増えたのだろうか!今日も予報によると関東は20℃近く上がりそう。外に出る時間が増えそう。

                    0
                      F1000606.jpg
                      逗子の私たちのアトリエは街中から外れて、狭い急坂を上った 山合の尾根にあります。ここから更に山道を歩くと間もなく渓谷に出る。ここらの人は浪子渓谷と呼んでいる。渓谷の頂上から谷添いに下ると浪子不動に出る。その先はもう太陽サンサンの逗子湾に面している。道端には草花が一斉に咲き乱れている。渓谷には小さな渓流が音を立てて流れていて、下の不動尊のところで一気に滝となって落ちている。自分たちの庭のような身近な存在として頻繁に上がり下りしている。脚のトレーニングを兼ねて!

                      | 1/53PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM