逗子海岸の浜辺は砂の粒子が細かくて、遠浅のせいか、浜辺から沖合に向かって傾斜が緩い。そのためか、沖合の波が浜辺に音もなく寄せてくる。そして静かに引いて行く。大磯のような相模湾の外海へ行くと様子が違う。

0
    F1000564.jpg
    大磯海岸は海底の形状がいわゆる「ドン深」で波打ち際から沖へ向かって一気にに深くなっている。浜辺の砂は小石混じりで荒い。波も高く、大波が押し寄せては一気に引いて行く。寄せ波も半端ではないが、引き波も凄い。逗子海岸は沖波がゆっくり陸地の私の足元まで入り込んでくるが、大磯海岸は違う。一気に押し寄せて一気にに引いて行く。その時の波の形相も凄い。轟音を立てながらこちらに向かって来るが、引いて行く時の形相も興味深い。浜辺の小石の表面をカラカラ、ガラガラ音を立てながら大洗して去って行く。来る波と行く波を見ていると引き込まれていく。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM